2022年インターネット新時代

  • ホーム
  • 2022年インターネット新時代

2022年インターネットの世界メタバースとNFTとは何か

2021年10月にFacebook社が会社名を改名しました。

社名を【meta「メタ」】

そうです!!

これから来るインターネットの未来を見据えて【メタ】
と改名したのです。

2021年後半から名前を聞くようになった
メタバース


みなさん分かりますか??

メタバースとは何か??

2022年はメタバースの新時代の始まりです。

メタバースについて学んでみましょう!!

Facebook社の新しい名前にもなっている【メタ】

メタ「meta」とは超越したという意味です。
ではバースとは何か
ユニバース「universe」とは宇宙・世界という意味です。

この2つを組み合わせて出来た名前がメタバースです。
メタバースとは造語です。

メタバース=超越した世界(宇宙)という意味です。

超越した世界(宇宙)といわれてもさっぱり分かりません。

ここで詳しく解説していきます。

メタバースとはインターネット上の仮想空間のことです。
人々と交流したり、買い物をしたり、仕事まであります。

現実世界がインターネットの中でアバターと呼ばれる
自分の分身を使い現実世界と同じことが出来る空間です。

今までと何が違うのか

オンライン上の世界ですからメタバースは全世界の
ユーザーが同時に接続することが出来、自宅に居ながら
全世界の方と交流できます。

オンライン上の世界ですから現実ではできない
空を飛ぶことも出来ます。

これだけを見るとただのゲームのように感じると思います。
実際に有名なゲームは【任天堂のあつまれ動物の森】などは
メタバースといえます。

しかし!!
これだけで終わらないのがメタバースです。

2022年名前を聞くようになった【NFT】

NFTわかりますか??

NFTとは【Non-Fungible Token】の略です

日本語で非代替性トークンといいます。

NFT=非代替性トークン
なにそれ??

非代替性トークンとはブロックチェーン技術を用いて
発行される固有の唯一無二のデジタルアイテムや
デジタル資産の総称です。

ますますわからなくなりましたね・・・

簡単に言えば
デジタルアートやデジタル音楽などはコピーが簡単に
出来、デジタル価値としてはあまりありませんでした。

しかし!!
ブロックチェーン技術を活用し偽造できない所有証明書
や鑑定書が出来たため本物はこれですと証明が出来る
ようになりました。

本物がこれとわかれば資産価値のあるデジタルデータを
作ることが出来アートなどもブロックチェーン技術を
使い本物がこれだと証明できるため資産価値が生まれます。

そもそもブロックチェーン技術は偽造が出来ないと
ありますがどのような仕組みかを見てみましょう。

ブロックチェーンでは不特定多数のの参加者が取引を行い
多数の参加者が全員の取引履歴を記録しているので
停電や一部システムがダウンしても他の参加者がデータを
保持しているため安心です。
また取引履歴は消去できません。
一度記録された取引データは証拠として残りつづけます。

2022年メタバースとNFTの未来

メタバースとNFTが手を組めば仮想空間上で販売が
出来るという事です。

メタバースは次世代のSNSといったところでしょうか、
メタバースは文字だけではなくアバターという分身が
自由に動け経済はもちろんゲームでも大活躍しています。
NFTを活用すればアイテムやデジタルアートなどを
販売出来たり今まではゲーム内の通貨でしかなかった
ですがNFTを使えばデジタル資産になります。

現在ではお店に物を買いに行き商品を買いますが
メタバースの世界で自分の分身と他のアバター
が出会いNFTの商品を買ったりお店の中の商品を
買ったり出来ます。

NFTは唯一無二の商品ですから永遠に価値があります。
・仮想空間の服やアイテム
・メタバース空間の土地などに価値が付きます。
特にメタバース空間の一等地は信じられないほど高額な
値段になっています。
そこにお店を出せば売れるから土地の価値も上がります。
まさにリアル世界と同じです。

何十年後には旅行もメタバースで旅行するのが当たり前に
なるかもしれません。

何十年後には外を歩かない世界になっているかもしれませんね。

NEXT 2022年進化するゲーム業界


メタバース
Top